肥満治療と生理周期のタイミングと腹

肥満治療はカラダのメカニズムを理解して、痩せやすい時期などを考えて行いましょう。女性にとってダイエットは、関心が耐えることない事柄です。日常的に頻繁にダイエットをしている女性もいます。肥満治療をするのにも、女性の場合はカラダの状態に合わせて行いましょう。肥満治療は無理のない範囲で、生理周期も考えながらスタートすることです。

生理周期に合わせたダイエットは、女性のホルモンバランスを考えて行うやり方です。女性ホルモンの分泌する量は、生理周期に合わせて変化します。エストロゲンは女性らしいなめらかなカラダ作りをサポートしますし、新陳代謝を向上させます。生理が終わってから、7日間を過ぎたくらいから、分泌量はだんだん減っていきます。排卵期から整理が始まる前までは、プロゲステロンが分泌量を増します。赤ちゃんを宿すために、水分や栄養分を蓄積するために働きます。プロゲステロンは、生理のときのむくみにもなるものです。

生理周期を見たときに、エストロゲン分泌が増加する時期が、ダイエットにも適している時期になります。整理が終了して、そのあとの2週間が痩せやすい、絶好のタイミングになります。生理が終わってエステサロンの分泌が増加すると、それまでの過剰な食欲も落ち着いていきます。代謝もアップするため、ダイエットにも役立つ時期になります。

肥満で気になるのは、腹が出るということもひとつでしょう。肌は年齢的な筋肉のたるみでもあります。緩んだ筋肉は、内蔵の持つ重みを支えられません。そのため腹は、たるんできます。改善するためには、30秒間ほど、グッと腹を引っ込める動作を、意識的に行うのも効果的なエクササイズになります。